ジャンボに比べると知名度が低い

夏前はサマージャンボ、年末に向けては、この類のもののコマーシャルが増えています。 今年もやっぱり一応購入しておかなくてはという気にさせます。 そして最近ではオータムジャンボという名前の通り秋に発売の1等前後賞合わせて2億5千万円当たる商品や東日本大震災復興東京都くじというのもあります。 また、全国的にも発売されています。 つまり、このように知名度はそこまで高くないのですが、このように大きなもの以外にも売られています。

興味がない人が宝くじに当たる可能性も高い

これが一年中億万長者になる可能性があるというか、通常どこかで当選者がいると思うと実際はどうでしょうか。 誰もが購入しなくてはと誰もが思います。 しかし、現状での宝くじスクラッチは一般的には多くてもトータルで総額3万円くらいが、通常の1回の購入額です。 所属する会社などでみんなで出し合ってまとめて買う場合でもです。 一人あたりの額はこの程度が平均的で楽しめる一般的な夢見れる数字と考えられるのではないのでしょうか。

都内の宝くじスクラッチの売り場は行列

こういうものに対してポジティブに考えている人と、ネガティブな意見を気持ちを考えず言う人もいます。 全く興味ない人、気が向いたら購入する人など色々な考え方があります。 当選確率はみんな平等で当たるとは、ここでは全く思っていなかったりします。 すっかり忘れている人が億万長者になっている可能性もあるわけです。

歳より程、興味がある宝くじ

当選しても引き換えをしなかったりするのは、当選発表を心待ちにしてそわそわしている方には信じられない事かもしれませんが、案外多いそうです。 売り場のジンクスなどを信じる方も多くいらっしゃいます。 統計データを見ると東京都内では、宝くじスクラッチが1等が何度も出たという銀座や渋谷のほか新宿の売り場には行列ができています。 単純に絶対数が多い事も理由の一つとしてありますので、気持ちの問題だと思うのです。 それも踏まえた上で結果そのようなジンクスを信じる人にとっては、これは重要な事でそこで並んで購入することでより想像を膨らませることができるのだと思います。

このページの先頭へ